生活に役立つ豆知識8

もうすぐ春になり、あの季節がやってきます。そう、花粉です。多くの方が花粉症に悩まされていると思いますが、皆さんは花粉症についてどれくらい知っているのでしょうか。

今回の記事では花粉症についてお話ししたいと思います。

通年性アレルギー性鼻炎患者の数とスギ花粉症患者の数、、、どっちが多いの?

20代までは通年性アレルギー性鼻炎患者数が多く、30代から60代ではスギ花粉症の患者数が上回ります。どの世代も鼻ムズ対策を忘れずに!
一方、70代はスギ花粉症患者と通年性アレルギー性鼻炎患者が同数と言われています。

 

一年中鼻炎の原因となる花粉が飛んでいる!

スギ、ヒノキ、ブタクサ、ヨモギなどアレルギー性鼻炎の原因となるといわれている8種類の花粉の飛散時期を調査。全体的にみて冬の飛散量は少ないものの、スギやイネの花粉は年末から年始にかけても飛んでいます。

実は戦後の復興事業が関係していた! 北海道と沖縄にスギ花粉が少ない理由。

戦後、全国の山林では、建材としての使用や治水を目的にスギの木の植林が行われました。しかし、その後、価格の安い木材の輸入が盛んになるにつれ、スギ樹木林の手入れがおろそかに…。そして、1960年代後半から花粉生産量の多い樹齢30年以上のスギ林の面積が広くなり、1970年代に入り患者数が急増…。
しかし、その植林は北海道と沖縄では行われなかったため、その影響を受けずにすんでいると言われています。

 

日本一スギ花粉症患者が少ない北海道。
しかし、通年性アレルギー性鼻炎の患者数NO.1!

戦後に植林活動が行われなかったことに加え、北海道のスギ花粉の飛散期間は本州よりも短いといわれているため、スギ花粉症の患者数は日本一少ない。しかし、通年性のアレルギー性鼻炎患者数は日本一多いと言われています。
寒冷地ならではの気密性の高い家屋や、寒さによる換気の少なさが患者数を増やしている要因かもしれません。また、北海道にはシラカンバが原因という特有のアレルギー性鼻炎もあります。北海道にお住まいの人で鼻ムズに悩んでいる人は、通年性アレルギー性鼻炎かシラカンバによるアレルギー性鼻炎の可能性も考えられます。